now:





Follow me! on twitter

Categories
Comments
TrackBack
Archives
Search
Mail Form

Name:

Mail:

Title:

massage:


Blog List


RSS
Link
クリック募金




  スポンサーサイト
--/--/--//--///--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






  自己満足。
2010/01/22//Fri///05:23


「欲」をwikiで調べた。
と言うか、たまたま検索結果で出て来た。
>>欲 - wikipedia

非常に興味深い。
そこで「養護:他人を守り、助ける欲求。」を見つけて、
あぁほらやっぱりと思って、
今度はwikiで「自己満足」を検索した。

そしたら「宮沢 静虎」とかいう『TOUGH』と言う漫画のキャラのページが結果に出て来た。
そこにあったキャラ設定が、アタシの考えと同じでひどく感動した。
>>宮沢 静虎 - wikipedia

「あらゆる人間は自己満足の為に生きている」という考えを持ち、「誰かを助けようとする想いすらも自己満足(=自分自身が納得する為に下した判断)なのだから、人助けに見返りを求めてはならない」
って。

まぁ見返りを求めてはならないとは思わないけれど。
だってその見返りの部分も含めての自己満足だったりするわけだから。
でも結局は自分の為にした行為だから、
見返りを求めても無駄だとの諦めも肝心とは思う。

ことわざの「情けは人の為ならず」もそういった意味合いがあると思う。
はい、wiki。
>>情けは人の為ならず - wikipedia

「いずれは巡って自分に返ってくるのであるから」ってのは、
まぁ見返りみたいなモノだから微妙に違う気がしちゃうんだけど、
山貞登氏の解釈の「情(なさけ)」は他人のためにかけることではなく、自分自身がどういう人間であるかどうかが大切であるという意味」とかね、なるほどって思う。

まぁ単純に、情けは人の為ではなく自分の思いからかける行為ですよ、
押し付けないでくださいねって意味だとアタシは思うけど。


たぶんこの漫画読まないだろうけど、
こういったキャラ設定をする漫画家さんがいる事が嬉しい。


この考え、もう10年ぐらい変わってないよ。
これからも変わらないと思う。
スポンサーサイト








Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

Trackback
trackback_url
http://lpe7.blog102.fc2.com/tb.php/99-30bb4c19
[TOP]
copyright (C) 2006 Love&Peace all rights reserved. [ template by *03 ]
web material by [ candied ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。