now:





Follow me! on twitter

Categories
Comments
TrackBack
Archives
Search
Mail Form

Name:

Mail:

Title:

massage:


Blog List


RSS
Link
クリック募金




  スポンサーサイト
--/--/--//--///--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






  いわゆる女の焦り。
2009/01/06//Tue///05:01


ここ最近、30歳を前にして女子が結婚に焦る気持ちが分かった気がする。
結婚とは象徴なだけで、この先の人生に対して焦りを感じるんだ。
漠然と不安を抱いてしまう。
恋愛の事、仕事の事、お金の事、結婚の事、子供の事、親の事、健康の事、美容の事、その他もろもろ。
これでいいのかな?このままでいいのかな?この先大丈夫かな?って。

アタシずっと、25歳から30歳が女の人生の分かれ目だと思って来た。
分かれ目と言うか、この間にどういう身の振り方をするかで、その後の人生が決まってくるのではないかって。
もちろん、その先いくらでも方向転換は出来ると思う。
けれど、この時期に人生の基盤を練り直すべきなんじゃないかと思えて、アタシは重要視せずにいられない。

女の人生って、たぶん男以上に選択肢が多いから。
男が滅多に直面しない選択を、女は当たり前に強いられるから。
迷いも女の方が多いと思うんだ。

そういう考えを持つか持たないか、はたまたいつ頃その考えを持つか、それは人によって様々だとは思う。
人によっては、え?今頃?と思うかもしれない。
でも出産というタイムリミットのある人生の一大イベントは、女にしかないから。
そのタイムリミットが少しづつ刻々と迫ってくるこの年頃に、多くの女子が焦りを抱いてしまうんじゃないかと思う。


そのちょうど中間の時期を過ごしているアタシは今、どうやら本格的に不安に陥ってしまったらしい。
今まで「今が楽しければそれでいーじゃん!」とでも言うような、楽観快楽主義で生きてきたから、その反動が大きいのかもしれない。
これを乗り越えれば、開き直りとも取れるような、楽しい時間を過ごせるようになるんだと思う。

30overの友達は口を揃えたように言う。
「焦りや不安なんて抱いているつもりはなかった。
でもどこかで感じていたんだと思う。
いざ30歳になった時、いきなり毎日が楽しくなった。
その時初めて、自分が焦りを抱いていたんだと気づいた。
でももう肩の荷が下りた気分。ふわっと軽くなったの。」


きっと今は、未来の幸せの為の必要悪の期間。
アタシもいつか、同じような事を言っているのかな?
それならそれでいい。

でもアタシの中に根付いている楽観快楽主義は、不安や焦りを抱きつつもなくなってはおらず、焦りに対してストイックになれない。
だから今のアタシはゆらゆらと不安定。
それでも今は、焦りをモノにするための頑張りどき。
自分の人生に対して、真摯に向き合わねば。

昨年、第一歩は踏み出せた。
今年はどこまで歩めるかな?


これが、ここ最近の自分を半客観的に分析した結果です。
スポンサーサイト








2009/01/06 14:42

なるほどねぇ・・・
色々、不安になるよねぇ・・・
男でも色々悩んでいたもんなぁ・・・
今は、良い思い出ですが・・・。
まぁ、そういった色々な事が、あとで反映されるくるのかもねぇ・・・
まぁ、どんな時も笑って楽しい方が、明るい未来がやってくると思うよぉ~♪

ちゅらびき♪ | [ Edit ]
2009/02/07 10:42

三十路前のアタシ…どっちか?て言えば『結婚』というより、『自分の人生・生き方』に気持ちが焦ってハートがダンシングぅ中!

時々さ、
時々ね、
誰にも見せない心の裏の裏で深々と考え、冷や汗をかいています。


そんなアタシ…キモィっ!



エリ | [ Edit ]
Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

Trackback
trackback_url
http://lpe7.blog102.fc2.com/tb.php/51-9c8da28e
[TOP]
copyright (C) 2006 Love&Peace all rights reserved. [ template by *03 ]
web material by [ candied ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。