now:





Follow me! on twitter

Categories
Comments
TrackBack
Archives
Search
Mail Form

Name:

Mail:

Title:

massage:


Blog List


RSS
Link
クリック募金




  スポンサーサイト
--/--/--//--///--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






  アカデミー賞。
2010/03/09//Tue///08:31


作品賞、『ハート・ロッカー』が受賞しましたですね。
ノミネートされていた作品、『アバター』しか観ていないので、何とも言えないけれど。

> アカデミー賞全結果

でも『アバター』が撮影賞、美術賞、視覚効果賞を受賞したのは納得の結果かと。
て事で、『アバター』の感想を少し。


3D映画は人生2度目。

しかも一度目は『スパイ・キッズ3-D:ゲーム・オーバー』。
もう6年も前なんだって、ビックリ。
この頃はまだ赤青メガネだった気がする。

今回はほんのりグリーンがかったメガネ。
精密機械だから気をつけてと注意されただけあって、重い。
3時間弱このメガネかけてたら、そりゃ耳が痛くなりますですよ。

メガネなしでスクリーンを見たら、かなり明るかった。
字幕は黄色。
色調補正の為の色設定なんすね。

3D映像はね、なかなかな迫力だったよ。
でもすごいド迫力!!って程ではなくて、結構自然に3D。
もっと映画の世界に包みこまれるのかと思ってた。爆
ディズニーランドとかのアトラクションの方がずっと迫力ある。
でもそれはやっぱり短時間だからあの立体感でいいのかも。
いくら色んなデメリットをクリアしたとは言え、3Dは長時間映画には向かない気がした。
あと字幕も向かない気がする。
字幕部分よりも前に映像が出てきたりもするから、ちょいちょい字幕に視点を合わせ直す必要があって疲れる。
あとCGってやっぱり動きが拙かったりするから、その動きが立体で来るとまた疲れる。

今後3Dが主流になっていくのかと思うと、一抹の不安を覚えるよ。
まぁ本当に主流になったら慣れてしまうのだろうけれど。
アリス・イン・ワンダーランド』観たいし。


と、まぁ3Dについてはこの辺にしといて。
ストーリー自体はね、面白かったよ。
アタシ結構好き。
単なるファンタジーってそんなに好きじゃなくて。
でもこれはSFファンタジー。
SF映画とくくるにはファンタジー色がかなり濃厚。

ゴーストはあんまり信じてないけど、宇宙人は信じてるアタシにはナイスな脚本。
信憑性の感じられる現実と上手く繋げられたファンタジー設定具合がちょうど良いの。
エイワの設定も宗教色と科学色と非科学色が見事に融合されていて、上手いなぁって唸った。
儀式で歌を歌ったり、皆で繋がったり、ラブシーン?とか、そういうのはまぁ人間の考える設定だよなぁって思ったけど。
それは観るのが人間だからそれでいいんだろうね。

グレースのキャラ素敵だなぁ。
途中のノームの嫉妬心剥き出しな部分が好き。


想像以上に面白くて、興味深くて、観て良かった!
ただのファンタジー好きよりもマトリックスとかのSF好きな人の方が楽しめる気がする。


で、先日『風の谷のナウシカ』を観たんだけど、この映画、『ナウシカ』の影響大なんじゃないかなって思った。



そうそう字幕で観たんだけどね、ナヴィ語の部分も日本語字幕しかないのが気になった。
英語だからと観ている外国の人もいるのだから、その部分は英語と日本語の両方の字幕を付ける事は出来ないものかしら?
こんなにどこでもかんでも英語でのナビがあるんだから、それぐらいしてくれてもいいのになって思った。
スポンサーサイト








2010/03/09 11:28

『風の谷のナウシカ』は最近に、日テレでやっていたのを録画しておいて久し振りに見たんだけど、

『ナウシカ』って何かな?

教えてm(_ _)m


まあくん | [ Edit ]
2010/03/10 13:54

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| [ Edit ]
Comments on this preview









ブログ管理人にのみ表示を許可する

Trackback
trackback_url
http://lpe7.blog102.fc2.com/tb.php/107-134cbbdc
[TOP]
copyright (C) 2006 Love&Peace all rights reserved. [ template by *03 ]
web material by [ candied ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。