now:





Follow me! on twitter

Categories
Comments
TrackBack
Archives
Search
Mail Form

Name:

Mail:

Title:

massage:


Blog List


RSS
Link
クリック募金




  スポンサーサイト
--/--/--//--///--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






  レベッカのお買い物日記。
2009/02/21//Sat///23:47


やっぱりコレ好きー☆
待ちに待ってたシリーズ4作目をさっき読み終えた。


すっごいバカですっごいイラっとするけど、
すっごい分かるー!!って思えて、ベッキーを自分に重ねちゃう。
すごいダメ子なのに、最終的には持ち味を活かしてハッピーを手にする様がね。
自分もハッピーつかめるかも!と思わせてくれるから、読んでて本当に嬉しくなるんだ。
超愛されキャラだよ、ベッキー。

アタシの大好きなLilyの「11cmのピンヒール」が、
静かにアタシ大丈夫、と思わせてくれるのだとしたら、
こっちは、うん、大丈夫!とコブシ握らせてもらえる感じ。
アタシもアタシなりにがんばろって思わせてくれるの。


5作目に続くんだなって終わり方が嬉しかった。
終わっちゃったら寂しい。
訳者のあとがきを読んだら、すでに本国では5作目も発売中みたい。
早く訳してくださーい!


そしてそして、本当に待ってましたよの映画化☆
なんで映画化されないのよ!
「ブリジット・ジョーンズの日記」よりずっとずっと面白いのに!
って思ってたからうれしー。

でもクソつまんない映画になってたらどうしよう?
本当に5月に日本公開されるのかな?
そんな気配がないんだけど…。
と思ってネットで検索したら、
「単なるお買いもの中毒のような主人公になっていて原作ファンから非難ごうごう。」
ってコメント発見。
うぅーー。

お買いもの中毒な私!

ちなみに邦題が小説と違った。
どうりで情報が見つからないはずだ…。
「お買いもの中毒な私!」だって。
5/30公開。

なんだよぅ。
大人の事情とか知らないよぅ。
そんなダサいタイトルにしないで頂戴!

でも楽しみ!
やた☆


スポンサーサイト



  ガール。
2009/01/21//Wed///02:47


ぶはははは!

と、大声あげて笑いたくなった。


奥田英朗著書『ガール』を読んだの。
短編集だから、まだ全部は読み終えてなくて、
今さっき、表題作の「ガール」を読み終えたばかりなんだけど。

「もう」と「まだ」の狭間で揺れてたり、
ガールでいる事に人の視線を気にしてしまったり、
隣の芝生が青く見えてしまったり、
誰かと比べて心配したり、安心したり。

そういう人はたぶん、読んでみるといい。
きっと、心を軽くしてもらえる。


若い、若くない。
年明けに家族でそんな話題になった時、
「若いとか若くないとかじゃなく、アタシはアタシの27歳を生きてくよ」
そう言ったアタシに、父は「お前らしい」と笑顔で言った。
それが嬉しかった。

本当は歳を気にしてる。
アタシに向けられる「若いね」と「結構いってんだね」は同意語。
たまにそうやって突きつけられる。
気にしなくちゃいけないんだと思わされたりもする。
周りと比べて落ち込む事だってある。
でもアタシはアタシなりの27歳を、30歳を、35歳を、過ごしていきたいと思う。

みんな自己満足の為に生きてんだ。
30歳まではガールでいさせてって思ってたけど、
30歳以降も、ガールでいたきゃいればいい。
その時その時素敵だと思う事を取り入れて、自己満足していけばいい。
人に迷惑かけなきゃそれでいんじゃん。

一種の開き直りかもしれないけれど、そう思った。


アタシが今一番欲しかったのは、悲しみに浸らせてくれる言葉でも、
慰みをくれる言葉でも、誰かの温もりでもなかった。
それらはそれらで欲しいけど。

一生青春、生涯一ガール。
明日のアタシがどう思うかは分からないけど、
今のアタシはそう思う。

よっしゃ☆





[TOP]
copyright (C) 2006 Love&Peace all rights reserved. [ template by *03 ]
web material by [ candied ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。